我思うゆえに我あり I think therefore I am

Demon's Souls -脳筋キャラの筈が器用貧乏な赤魔に-

PKでキャッキャウフフしていて思うのは、手持ち武器の殴り合いだけじゃつまらないってこと。
そこで、引き出しの多いキャラにしようと思いついたのが
「反魔法領域で相手の魔法を封じつつ、防護で身を固め、毒の雲*で相手を毒状態に!」
こんな戦法を思いつく自分は何ていやらしい人間なんだ、と少し怖くなりつつ、
この戦法に必要な獣のタリスマンの装備条件である魔力と信仰を上げるためにいざエイマラソンへ。
気の緩みから合計60万ソウルを失ったりしたものの、ようやくソウルがたまったのでソウル振り振り。

...

結果は、期待を見事に打ち砕かれる。
反魔法領域を使うと自分も一切の魔法が使えなくなってしまうのねorz
それならばと、防護してから反魔法領域を試してみたものの、重ね掛けは無理っぽヽ(`Д´)ノ

以下はおkみたい。
1. 毒の雲->反魔法領域
2. 毒の雲->防護 (or 防護->毒の雲)

まあ、引き出しの多いキャラになったからいいが、
正直なところ体力と筋力、運(BBS用)に振りたかった...
獣のタリスマン装備のためにソウルを10も使ってもうたorz
SLv打ち止め予定の128まで残り14。どう割り振ればいいのやら。


*酸の雲は使わない。
自分がされて嫌な事は相手にしちゃいけないってばっちゃが言ってた。
まあ、自分の基準を相手に押し付けるのもどうかと思うし、
実装されている以上は戦法の一つとして取り入れるのは普通だと考える。
ただ、効果が凶悪過ぎるので何かしらのテコ入れが欲しいところ。


Now listening to: 聖女アストラエア戦BGA on 10pro
[PR]
by proof.of.human | 2009-02-26 12:04 | 我、ふと思う