我思うゆえに我あり I think therefore I am

いたむ

自販機で煙草を買うところまではいいけれど、
煙草を取らないまま家に戻ってしまうアビリティをゲットした。
更に忘れた事実に気付くのは大体翌日ときたもんだ。

ああデパス欲しい。

関係ないけれど、悼む人の著者である天童 荒太さん曰く
「誰を愛し、誰に愛され、どんなことで感謝されていたか」
を知れば、例え赤の他人であってもその人を心から悼むことが出来るそう。
[PR]
by proof.of.human | 2009-02-27 00:23 | 我、ふと思う