我思うゆえに我あり I think therefore I am

ゆっくりと、ゆっくりと

おかげさまで、卒業しました。

新天地での生活に期待に胸を膨らませ、少々の不安を抱いている卒業生と修了生。
その中で、同大学の大学院に進学する自分は青臭いところが一つもなくて、
むしろ憂鬱さを覚えているのが申し訳なくて申し訳なくて。

ここ最近ずっと、憂鬱で思考も堂々巡り。
取り返しのつかないことをしてきたもんだから
もうそんなことはしないと意気込んだものの、だだ滑り。
天性と思っていた才さえも何かなくなっちゃったみたいでどうしましょ。

「あの駅から乗れば早く帰れるよ」
先日、友達の家から帰る時にとある駅を初めて利用した。
駅に向かう途中、振り返って友達の家までの道を確認したものの、
道を覚えたところでもう何の意味もないことに気付いて、だだっ広い所に放り出された。
惨めで暗くて風が強くて寒くて誰もいない駅のホームで泣けない22歳。

春先になると無性にスネオヘアーのワルツを聴いてます。
[PR]
by proof.of.human | 2009-03-25 22:37 | 我、ふと思う