我思うゆえに我あり I think therefore I am

カテゴリ:映画( 16 )


SAW2観ました

始まり方は、会話文から始まる作文のよう



繋がりが気にくわない

救われたのは最後んとこ

バッドエンドはハッピーエンド

腕の筋肉の強張りが止まらない頭が震える

準備したはずのジャスミン茶は温くなってしまった
[PR]
by proof.of.human | 2006-04-08 04:41 | 映画

幸福な日々


モダン・タイムスえぇわぁ…

素晴らしい映画だ

気持ちがほっこりした
[PR]
by proof.of.human | 2005-10-26 02:35 | 映画

秘密の庭


『シークレット・ウィンドウ』

人気作家モート・レイニー(ジョニー・デップ)の前に謎の男、シューター(ジョン・タトゥーロ)が現れる。
彼は自分の小説がモートに盗作されたという。
覚えのないモートにつきまとうシューター。彼の行動は徐々にエスカレートしていく。
彼の姿を見た者、正体を探る者は命を落とす。ただ一人、モートを除いて―。
男は何者なのか?本当の狙いは何なのか?
全編に張りめぐされた謎解きの伏線、かつてない戦慄、そして予測不可能の結末が…。

期待していなかったのも手伝って、余計面白く感じた

最近評価した映画の中でこれが一番好き

ただ、冒頭から結末の予想がたってしまって…

この手の映画、本当に多いからな…

兎に角、おすすめ

評価:★★★★★★★☆☆☆ 7/10

しっかし

”コーン”ってとうもろこしの事だったのね…ずっととんがりコーンか何かかと思ってた(汗
[PR]
by proof.of.human | 2005-10-23 02:25 | 映画

Encore


『TAXI NY』

メッセンジャーからタクシー運転手へ転身したベル(クイーン・ラティファ)は、高性能の改造車を操り、圧倒的なスピードとテクニックで仕事をこなしていた。
一方、ニューヨーク市警のウォッシュバーン刑事は、腕は立つものの超ド級の運転ベタ。
潜入捜査でドジを踏み、車を取り上げられたウォッシュバーンは、偶然ベルのタクシーを拾い銀行強盗の現場へ直行する。
犯人は、モデル張りのスタイルを持った4人組の美女。
こうしてベルは、ウォッシュバーンに巻き込まれ、美女強盗団を追うことになる…。

強盗団のリーダー、ヴァネッサ(ジゼル・ブンチェン)綺麗過ぎだろ、おい…

っと、いかんいかん

いきなりビヨンセのクレイジーインラヴから始まる本作

掴みはこれで十分、ワクワクが止まらない

後はいつも通りのTAXI節w

ただ、カーアクションよりメッセンジャーの時のアクションのほうが良かった気がする…

評価:★★★★★★☆☆☆☆ 6/10
[PR]
by proof.of.human | 2005-10-22 23:05 | 映画

I


『アイ,ロボット』

今からわずか30年後の近未来、家庭用ロボットが人間のパートナーとして普及している時代。
そしてさらに、革新的な技術による新世代ロボットが登場し、新たなロボット社会の夜明けを迎えようとする直前、そのロボットの生みの親であり、ロボット工学の第一人者、アルフレッド・ラニング博士(ジェームズ・クロムウェル)の殺人事件が起きる。
容疑者は最新のNS-5型ロボットのサニー。“ロボット3原則”により、絶対に人間に危害を加えられないはずのロボットが犯人なのか?
その謎を追及するシカゴ市警の刑事デル・スプーナー(ウィル・スミス)とロボット心理学者スーザン・カルヴィン博士(ブリジット・モイナハン)は、やがて、人類の存亡がかかった驚愕の真相に迫っていく……。

この前のオーシャンズ12の後に観たんですが、保留してました

設定や結末などは、常套手段で代わり映えがない

真犯人が誰かなんてバレバレなんだから変に隠さないで、もっとドンチャン騒ぎやればいいのに…

けれども、面白いっちゃあ面白い映画

しかしながらアウディかっこいっすなー

評価:★★★★★☆☆☆☆☆ 5/10
[PR]
by proof.of.human | 2005-10-22 22:37 | 映画

selsunblue


『オーシャンズ12』

ラスヴェガスのカジノから1億6千万ドルが盗まれて3年。
カジノのオーナー、ベネディクトは事件がオーシャン一味の仕業によるものと知る。
ベネディクトは彼らの居所を突き止め、2週間以内に利子を付けて返済するよう脅迫する。
追い詰められたオーシャンたちは再び集結するが…。

タイトル1作目を超える事が出来ないという定説を表す模範的映画だろうな

いや…超えるどころの問題じゃないぞ、この映画

まるで痛快さがない、人物名多過ぎ

前作が面白かっただけに残念だ

あー、損した

評価:★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2/10
[PR]
by proof.of.human | 2005-10-15 23:10 | 映画


『ヴィレッジ』

深い森に囲まれたその村では、人々が家族のような絆で結ばれながら、幸福な暮らしを営んでいる。
地上の楽園のような村には、決して破ってはならない三つの掟があった。
森に入ってはならない、不吉な赤い色を封印せよ、警告の鐘に注意せよ-。
誰が何のために掟を作ったのか、確かなことは誰一人知らないが、村人は森に棲むと噂される未知の生命体を恐れ、自分たちの世界の中だけで慎ましく生活していたのだった。
そんなある日、ひとりの若者ルシアスが、村にはない医薬品を手に入れるために、禁断の森を抜ける許可を申し出る…。

ノアがいて、ノアがノアであったからこそ、この映画を面白くさせている

まぁ私にとって、観ていて眠くなったくらいの映画でした

しっかし、アイヴィー可愛いなぁ

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3/10
[PR]
by proof.of.human | 2005-10-15 20:51 | 映画

もう愛してない


『10億分の1の男』

大地震で九死に一生を得たフェデリコは、育ての親サムと対立してから運に見放された。
それから7年後、強運の持ち主を探していたフェデリコは、飛行事故で奇跡的に助かったトマスを無理やり、あるゲームに参加させた。
それは運の強さを競うゲームで、その頂点には30年間無敗を誇るサムが君臨していた…。

数時間前に観たばかりなのに印象に残って無いなーこれ

そんなに面白いとも思わなかった

10億分の1の凄さを味わえなかったので残念でした

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3/10
[PR]
by proof.of.human | 2005-10-09 02:08 | 映画

明後日


『デイ・アフター・トゥモロー』

気候学者のジャックは、南極調査中に大規模な氷棚のひび割れに遭遇する。
二酸化炭素の大量排出に伴なう地球温暖化により、海水の温度が上昇している証拠だった。
異常を察知したジャックは副大統領に避難を進言するが、一笑に付されてしまう。
だが、地球は確実に崩壊へのシナリオをたどり、ついに世界規模の大災害が起こってしまう。
ニューヨークは津波で街が水没。ロサンゼルスでは巨大な竜巻が街を襲い、東京ではゴルフボール大の雹が降りしきる。
やがて、氷河期のような絶対零度の世界が、北半球に襲いかかって来て…。

目新しさは無かったけれども、観易くて面白い映画です

また、異常気象にぶつくさ言わずにしっかり受け入れる人類の姿もよい

当然っちゃあ当然なんだけれども

まぁ、損はさせない映画となっております

余談

二酸化炭素と地球温暖化との関連性は根拠が無いそうです

そして、環境汚染はくるところまできちゃっているみたいで

もう既に手遅れな状態なんだそうです

評価:★★★★★★☆☆☆☆ 6/10

評価基準が定まらない…ですが、もう少し明確にしたほうがいいかな、と
[PR]
by proof.of.human | 2005-10-09 01:54 | 映画

秘密なきは誠なし


『イノセンス』

人間とロボットが共存し、電脳ネットワークが整備された近未来都市。
ある夜、少女型のアンドロイドが暴走し、所有者を惨殺する事件が発生する。
人間のために作られた機械がなぜ人間を襲ったのか。
内務省公安九課に所属する刑事バトーは、相棒のトグサとともに捜査を開始する。
自身が全身を義体化したサイボーグであるバトーは、捜査の過程で様々な人形=ロボットと出会い、その存在に托された意義について思いを巡らせる。
捜査を妨害するハッカーに苦しみながらも、バトーとトグサは事件の核心に迫ってゆくが…

これ攻殻機動隊シリーズだったのね、知らずに観てしもた

それを踏まえて

なんとなくー、でこの映画を観ないほうがいいと思う

それなりの知識・興味を持ち合わせていないと、面白みの欠片すら味わえないであろう

その一つに、作中では難解な引用が多々用いられているからだ

「生死去来 棚頭傀儡 一線断時 落落磊磊」など、

好きな人にとっては武者震いが止まらないだろうが、普通ならば敬遠するところ

”単純なシナリオを、難しい言葉使ってどうにか難解に見せるという魂胆が見え見え”

という意見も、なるほどと言わざるを得ないほどの多用っぷり

この手の設定は好きなのだが、いまいち合致するものがなかった

評価:★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3/10

攻殻機動隊はどうなんでしょうね
[PR]
by proof.of.human | 2005-10-02 03:39 | 映画